マールブルグ伝染病感染についての考察

チャンネルにコメントをくださったAscension Lady さんの考察を紹介します。これもひとつの可能性としてあるかもしれないのでシェアします。ただし、あくまでもひとつのシナリオとして参考にされてください。起きてもいないことに対して恐怖や心配に囚われないようにお願いいたします。より良く生きるためにシェアします。

ここから


お知らせしたい情報があります。 次の準備されている偽パンデミックはマールブルグ伝染病感染。これはエボラ出血熱に似た出血性の発熱で、死亡率は88%です。心配しないで下さい。彼等は自分達が死ぬような危険なウイルスは拡散しません。あくまでも「死亡率は88%の伝染病が流行ってます。早くワクチンを打って下さい!」と嘘をつくだけ。

多くの傷づいた接種者達は、コロナワクチンに含まれるグラフェン・ハイドロゲルのために血栓を発症し、体内で抑制不可能な出血している。顕微鏡を覗いた科学者達は、ワクチンに多くのナノサイズのシャープなカミソリを目撃している。グラフェンそのものがギザギザであるとの話もある。その血栓と体内での抑制不可能な出血をマールブルグ伝染病のせいにする計画。

世界経済フォーラムと国連(=世界政府)は既に、このマールブルグ伝染病の流行の可能性を発表している。パンデミックは、まだ公表されていませんが、彼らはすでにマールブルグのPCRテストを開発しています。さらに心配なことに、彼らは既にマールブルグの「ワクチン」を急いで製造し始めている。

最も心配なのは、新しいワクチンの主成分はリシンです。地球上で最も有毒な毒の1つ。新しいパンデミックが宣言され、無症候性の広がりがあると彼らは主張します。メディアは私たちが今まで見たよりも激しく恐怖をかき立てるでしょう。多くのクライシス・アクター達を起用して。ぶっ倒れる者、血を吐く者、病院でインタビューに答える者などは、全て金で雇われた役者達。とにかく恐怖を煽るのが偽パンデミックを装うのに重要なポイント。

人々は、88%の確率で出血して死ぬ可能性がある何かのパンデミックがあると信じて心を失います。この段階で接種は必須となり、警察と軍は「人類を救う」という触れ込みで、マールブルグのワクチンを拒否した人々を強制収容所に引きずり込み、強制的に注射することになります。猛毒リシン入りの「ワクチン」は本当の死の注射であり、何十億もの人々がそれのために並んで、最前線で死んでいく事でしょう。

次の計画されたマールブルグ伝染病パンデミックは、コロナ・パンデミックの何十倍も、人々をパニックに陥らせる事でしょう。 あなたの家族との連絡を密にし、この偽パンデミックと猛毒リシン入りの「ワクチン」から身を守りましょう。そしてこの情報を広く拡散してください。


ここまで

以上が考察です。こちらはあくまでも現段階での予想と考察です。起きてもいない物事に対して不安や恐怖心を持たないようにしてください。そして何事も慌てず恐れず冷静に対処していきましょう。これを知らずにそれこそ嘘に翻弄されてしまい冷静さを失わないためにシェアさせていただきました。

すでに世の中の裏側について熟知されている方は問題ないと思いますが、まだ本格的に氣づいていないご家族や周りの方にあらかじめお知らせしておくことは意義があるかもしれません。ですが、それも不安や恐怖を与えるためではなく、あくまでも予防線として使えるようならお使いください。なかなかそれも難しいですが伝える学びですね。

うれしうれしたのしたのしありがたいありがたい感謝。