Googleトレンドの使い方と動画の再生数を伸ばす方法

Googleトレンドというサービスをご存知でしょうか。

このサイトを活用すれば、キーワードごとの人気度合いを把握することができますので、現在も人気が維持しているのかどうか判断出来ます。

使い方など動画で解説していますのでご覧ください。

Googleトレンド活用法(YouTube編)

Googleトレンドを活用すれば、作りたい動画のキーワードの需要が、今現在伸びているのかどうかがわかります。

動画で紹介した通り以下のキーワードは現在伸びまくっているわけです。

(以下をGoogleトレンドで検索してみてください)

人気キーワード例
  • ミニマリスト
  • スピリチュアル
  • フリーランス
  • TikTok
  • ツイッター
  • ユーチューバー
  • 副業
  • ストレス
  • ライブ配信
  • インスタグラム
  • ASMR
MEMO
ここで例に挙げたキーワードは、岡本が実際に検索してピックアップしたものでありごく一部です。この他にもキーワードはたくさんありますので、ご自身でさまざまなキーワードを検索してみてください。

ミニマリストでのGoogleトレンド検索

それでは「ミニマリスト」でGoogleトレンド検索してみます。

ミニマリストで検索し、2004年から現在のデータを出しました。

ご覧の通り2013年頃から急激に検索需要が伸びており、今でも上昇し続けていることがわかります。

2013年から2019年までは6年間もありますので、今後、急激に需要がなくなることは考えづらいです。つまり、「ミニマリスト」というキーワードやジャンルは、今後も需要がある可能性が高いということがわかります。

スピリチュアルでのGoogleトレンド検索

続いて「スピリチュアル」というキーワードでGoogleトレンド検索してみます。

「スピリチュアル」でGoogleトレンド検索してみた結果が上の図です。

2004年当時から需要はあったものの、緩やかながら右肩上がりがずっと続いていることがわかります。

特に2018年頃からはその伸び率が高まっており、こちらのキーワードも今後まだまだ上昇する可能性がわかります。また、長い年月ずっと需要があることから、短期的なトレンドではなく長期的な需要があることもわかります。

以上、これらのキーワードのように右肩上がりに人気が高まっているジャンルは需要が高いということです。

チャンネルを作る際や、動画を作る際にGoogleトレンドで人気度を確かめることによって、そもそも需要があるネタなのかを確かめることができます。

キーワード同士の比較が可能

また、キーワード同士を比較することもできますので、どちらのキーワードの方が検索されているのかも一目瞭然です。

サッカーと野球の比較

青が『サッカー』で赤が『野球』を検索キーワードに打ち込みました。このように簡単に検索ボリュームを比較することができます。

同じジャンルでも言葉の選び方で検索結果が変わってきます。どちらのキーワードの方が現在需要があるのか?困ったときはこの比較検索がとても便利です。

ぜひGoogleトレンドを、ご自身のチャンネルに活用してください。

【動画】Googleトレンドを活用してYouTubeチャンネルを成長させる方法