YouTube内で自分の動画がコピーされた時の対処方法【完全版】

あなたの動画が他人にコピーされてYouTubeにアップロードされていた場合、そのチャンネルに対して削除申請を出すことができます。

それがコピーライトマッチツールと呼ばれるものです。

収益化できているチャンネルのみに実装されており、YouTube studio内で著作権という項目として表示されます。このシステムによって比較的簡単にコピー動画へ対処することが可能となりました。

というわけで今回は、自分の動画が他人にコピーされたときの対処方法をご紹介いたします。

YouTubeのコピー動画対策の解説

YouTubeのコピーライトマッチツールの解説を見てみましょう。

コピーライト マッチ ツールは、オリジナル動画と完全に一致する動画が他の YouTube チャンネルで再アップロードされたことを検出します。一致が検出された動画は YouTube Studio で確認し、どのように対応するかを選択できます。

と書かれています。

つまり、この機能によってYouTube内に存在する自分のオリジナル動画のコピー動画が一目瞭然となるシステムです。どちらがコピーなのかは先にアップロードした側がオリジナルであると判断されるそうです。

YouTubeアカデミーの解説動画もありますのでご覧ください。

※ 動画は右下の歯車マークから日本語に翻訳可能です。

コピーライトマッチツールが何なのか少しわかったところで、実際にコピー動画を削除する方法をお伝えしていきます。

コピー動画チャンネルの対処方法

コピーライトマッチツールを使う

収益化出来ているチャンネルで、コピー動画が存在する場合 YouTube studioの左側のナビゲーション内に【著作権】という項目が表示されます。

「文字起こし」と「収益化」の間に【著作権】とありますね。まずはここをクリックします。

すると以下の画面にが出てきます。

この画面では、

  • コピー動画の一致本数
  • コピー動画とオリジナル動画の一致率(%)
  • 対処方法

の三つが重要となります。

一致している動画を実際にここで視聴することも可能です。対処方法についてのYouTubeの解説を見てみましょう。

  1. アーカイブ – 動画に対して対応を行わずに、一致した動画を [アーカイブ] タブに移動します。選択に応じて後日対応することも可能です。
  2. チャンネルにメッセージを送信 – アップロードしたチャンネルとの対話を開始して、再アップロードが特定されたことを通知します。[メッセージ] タブで通知を送信した相手を把握し、メールで対話を続けることができます。
  3. 削除をリクエスト – 一致する動画をサイトから削除するように、YouTube に法的要請を送信します。この対応を選択する場合は、次の 2 通りの方法があります。
  • a.スケジュールを設定: 7 日前の猶予通知を送信する – 動画を削除する通知をチャンネルに送信します。そのチャンネルが 7 日後に動画を削除していない場合、その動画は削除されます。そのチャンネルは著作権侵害の警告を受けることがあります。
  • b.標準: 今すぐ削除をリクエストする – 削除リクエストが YouTube に直接送信されます。削除後、アップロードしたチャンネルは著作権侵害の警告を受けることがあります。
  1. は何もしないという意味ですね。
  2. はチャンネル運営者にメッセージを送って、相手とやりとりをする流れになります。やり取りをすることで、自主的な削除を促すこともできるでしょう。相手のチャンネルが大手チャンネルだったりユーチューバーの場合などは、この2番を選択すると双方にとってメリットがあるかもしれません。
  3. が、今回ご紹介する削除のリクエストで対処する方法です。あからさまなコピーチャンネルの場合は、この3番がいいでしょう。

チャンネルへのお問い合わせ方法

対処方法その2の、チャンネルにメッセージを送りたいときはメールマックをクリックします。

すると以下の画面が開きますので、メールアドレスを記入し下の送信ボタンを押せばチャンネルへの問い合わせに進むことが出来ます。


コピー動画の削除申請方法

動画の削除申請をしたい場合は、まずは一致率が100%の動画から削除申請していきます。

一応動画をチェックしてみて、間違いなく自分の動画のコピーだということが確認できたら、削除申請をしたい動画にチェックマークを入れていきます。

削除対象の動画を選択したのち、右上の【動画の削除をリクエスト】をクリックします。

するとリクエストを送るために、こちら側の個人情報を各種入力する画面に切り替わります。

わかりづらい部分が2箇所あるのですが、以下のように記入してもらえれば大丈夫です。

  • 「著作権で保護されたコンテンツとの関係」には【著作権者】と記載
  • 「著作権者名」の部分にはあなたの【チャンネル名】を記載

住所などはきちんと本当の現住所を記入しました。

記載できたら右上の青ボタン【送信】をクリック。すると以下の画面になります。

ここでは削除方法を2つから選ぶことができます。

1つ目は、スケジュールを設定:7日前の猶予通知を送信し、その間にユーザーが動画を削除すればお咎めなしになるパターン。

2つ目は削除申請を出した時点で、YouTubeがリクエストを審査しすぐさま動画を削除してくれるパターンです。

ご自身の所有権のない動画の削除申請をするなど、このツールを不正に使用するとYouTubeアカウントの削除もありえるのでのでご注意ください。

どちらかの処置を選ぶわけですが、標準は右のすぐに削除をリクエストする方になっていますね。選んだら、下の説明文をしっかりと読みます。

これらに同意できる場合は、3つの項目にチェックを入れます。そして一番下の署名に本名を入力してください。

「会社名やチャンネル名ではダメだ」との注意書きがありますので本名を入力する必要がありそうです。最後に右上の青ボタン【送信】を押すと削除リクエストが完了となります。

リクエスト送信後

削除リクエストを送信したとは、真ん中上の「削除リクエスト」をクリックしましょう。

そこで、現在何のリクエストを送信しているのかを確認することができます。私の場合は1本だけ標準の削除を選択し、残り7動画を7日間の猶予に設定してみました。

7日経過しても削除が行われない場合は、自動的に削除が行われるそうです。

まとめ

以上がコピー動画の対処法です。

YouTubeは年々進化し、ついにコピー動画への対策をここまで強化し、そしてわかりやすくしてくれました。どんどん厳格化し、本来オリジナルで動画をがんばってアップしている人が報われる動画サイトこそ健全ですよね。

あと、付け加えておくとすれば、ご自身のコピー動画を放置しておくと、AIの誤認であなたのチャンネルに何らかの被害が及ぶこともゼロではないです。

とはいえ、YouTubeの説明ではコピー動画を消さなくても特に問題はないと記載されていました。

YouTubeさんの言葉を信じるかどうかは個人の判断となりますが、完全に100%のコピーでかつその動画の再生数が伸びていたりする場合は、今回お伝えしたコピーライトチェックツールで動画の削除申請をしておくのも良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。