YouTubeのオリジナルチャンネルで収益化審査に合格しました

2017年7月にスタートさせた僕のチャンネルがあります。

撮影系の顔出し声出しなしのチャンネルです。

このチャンネルは動画数が少なく、再生もなかなか伸びず結局収益化基準に達するのはそれから1年4ヶ月後の2018年11月末でした。

そして翌月の12月22日にYouTubeの収益化審査に合格することができました。

YouTubeの収益化審査に合格したチャンネル

僕のチャンネルの動画を開くと広告が付いていたので、クリエイターツールを開いてみたところ以下の表示がありました。

さらにチャンネルをクリックしてみると。

しっかりと収益受け取りの項目が有効に変わっていました。

YouTubeの収益化に合格するためには、まずは登録者数1000人と年間の総再生時間4000時間を超える必要があります。

特に、僕のチャンネルで時間がかかったのが登録1000人でした。実に1年と4ヶ月もの時間がかかってしまいました。

それでも、こうやって収益化できるまで継続してこれて本当に良かったです。とりあえず今は1日1,000円程度の収益をいただけるまでに育ってきました。

チャンネルや動画の中にについてはここではお話できませんが、ビデオカメラでいつも撮影しています。

オリジナルchは育つまでに時間がかかりますが登録1000人を超えるとかなり勢いがついてきて、早く成長するチャンネルに生まれ変わります。

コンサルユーチューバーさんは登録100人に半年かかりましたが今では13000人以上です。

しかも、資産としての価値が半端じゃないです。ほったらかしでずっと収益を生み出すのはちょっと難しいですが(投稿しないと収益は下降します)チャンネルを消される心配はほぼないですので、資産といっても差し支えないと思います。

これからこのチャンネルに力を入れて、登録数1万人日給1万円を目指していきます。また、収益化審査に合格できたので、SNS(ツイッター)のアカウントも立ち上げて、万が一のためにもフォロワーを分散させておこうと思います。

SNSは、YouTubeチャンネルのコミュニティタブを使って宣伝するとわりと反応が良いですね。「万が一のためにこちらも登録しておいてください」といった感じです。

YouTubeの収益化審査に合格するチャンネルの傾向

ユーチューバーさんのコンサルやコミュニティー運営をしていますので、収益化審査に合格するチャンネルの傾向が少し見えています。

一番審査に通りやすいのは、何と言っても顔出しのユーチューバーさんですね。登録数が1000人ギリギリ超えたくらいでも審査に通っているのをよくみかけます。(Twitterなどでも報告ツイートがよくあります)

次いで、Vtuber(バーチャルユーチューバー)とゲーム実況者さんのチャンネルも収益化されやすい傾向にあります。

顔出しや声出し、そしてゲームにバーチャルと、このあたりはYouTubeが望んでいる未来と関係しそうです。これからのYouTubeはファンビジネスが主流となるでしょう

これらのチャンネルに共通しているのは、替えがきかないということであり、AI(人口知能)に任せられないチャンネルだと言えないでしょうか。

ただ、バーチャルの場合はいずれAIにも出来そうですが..

これらのチャンネルの次に、撮影系のチャンネルとなります。僕の場合もそうですが顔出しや声出しはしていなかったので、個人のブランディングは無い状態でした。

それでも収益化審査に合格したことはかなり大きいです。ちょっと昔であれば収益化なんて当たり前でしたが、いろんな収益化されるチャンネルを見ていると、「今後は個人のブランディングがないと収益化は厳しいのかな..」と思っていましたからね。

ちなみに、昔のYouTubeアフィリエイトの手法である、ラジオ切り抜きやテキストでも審査に合格しているチャンネルは少数ですがあるようです。

ただ、今後新たにYouTubeをスタートさせるなら、それらのコンテンツ系ジャンルはないかなと思います。収益化できていないチャンネルの方が圧倒的に多いからです。

YouTubeの収益化審査に合格するために

YouTubeの収益化審査に合格するには、とにかくまず基準に達する必要があります。

多くの方はこの収益化基準になる前に挫折してYouTubeを諦めてしまうでしょう。なにせ、半年や1年を無収益で乗り切らなければならないからです。

世の中の仕事というのは、時間を費やせばお金は必ずもらえるものです。その感覚が当たり前の中、労働して時間を使っているのにまったく収益化発生しない期間がけっこう長いわけです。

これじゃあよほど強いメンタルの持ち主か、最初から手応えを感じないとなかなか継続は難しいでしょう。

そこで僕がおすすめするのは、YouTubeの収益化を目指しながらも他のアフィリエイトをYouTube上で行う方法です。

2018年末にはYouTubeでの楽天アフィリエイトが可能となっています。

楽天アフィリエイトがYouTubeでも利用可能になりました

2018.12.28

また、有名ユーチューバーさんが取り入れているAmazonアフィリエイトを併用して、とりあえず収益化審査までにも収益を発生させる仕組みを作っておくことです。

人はやはり対価がないと行動できないものです。収益化審査合格後を想像してコツコツできるのは、これまで一度でもYouTubeから収益を得た経験がある方だと思います。

僕が、この1年ちょっとを無収益でも継続できたのは、他のチャンネルで収益をもらっており、審査通過後をリアルにイメージできていたからに他なりません。

まずは継続する環境をご自身で作っていくことが収益化審査合格への確かな道筋だと思います。

あと、動画の中身についてですがYouTubeのコミュニティガイドラインに違反していないか気をつけてください。

いくら基準に達しても、ガイドライン違反か何かで収益化してもらえない事例も見ています。登録が数千人になろうとも、審査落ちすることだってありえます。

収益化合格率の高い、顔出しや声出しなどもできるのならやったほうが良いです。個人のブランディングがあるチャンネルのほうが、審査に通過しやすいというのは感じていますので。

しかも個人のブランディングのあるチャンネルなら、Amazonアフィリエイトなどの他のマネタイズ手法でも収益を上げやすいです。

あえて、個人ブランディングチャンネルのマイナス点をいうとすれば自分が働けなくなったらそのチャンネルは止まってしまうということくらいですね。でもそんなこと言っていたらそもそも収益を生み出すことも難しいかもしれません。

YouTubeの収益化のハードルはグッと高くなりました。ですがその分、新規参入者が少ないので、現在、収益化できている方やあきらめずに継続する方にとってはビッグチャンスです。

僕の事例も参考にしてもらいつつ、ご一緒に収益化を目指して行きましょう。



ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。