YouTubeのアナリティクス仕様変更からわかること


岡本公式LINEアカウント
YouTubeで月20万円稼ぐための情報を配信中。

友だち追加

※ 登録できない場合は「@t.okamoto」で検索お願いします。

YouTubeでは、

自分のチャンネルを持つと、

あらゆるデータを無料で見ることができます。

 

管理画面 → アナリティクス

の部分でデータを管理できます。

 

例えば、

視聴回数

視聴時間

推定収益

視聴者支持率

視聴者層

視聴端末

 

などですね。

そして、最近まではTOPに視聴回数が

表示されていました。

 

しかし、最近になって

視聴回数という表示はなくなり

その代わりに視聴時間という表示に

変わりました。

 

この視聴時間をクリックすれば、

視聴回数も確認できますが、

 

今回のこの仕様変更が意味するところは

なんでしょうか..

 

勘の良い方ならわかると思いますが、

重要度を変更したと言えるでしょう。

 

それは、

・視聴回数の重要度を減らした。

・視聴時間の重要度を上げた。

このどちらかか、あるいはどちらも採用した。

ということです。

 

これで起きることは?

 

 

・長い動画も評価されるようになった。

 

これまでの、視聴者維持率と

視聴回数であれば、

短い動画を、何度も再生されることが

良かったわけです。

 

長い動画だと、最後まで再生されにくいので、

視聴者維持率は当然下がります。

 

これが、視聴時間を重要視してくれることで

改善されるわけです。

 

本当にアルゴリズムが変更されたかはわかりませんが、

この仕様変更はこの可能性を大いに示しています。

でなければ、わざわざ変更する意味がありません。

 

コンテンツの中身が、

より重要になっては来ていますが、

それは質を高める(見やすく、キレイに)

 

というのもありますが、

世の中が求めている情報を

わかりやすく提供することの

重要度が増したと考えれました。

 

ぜひあなたのチャンネルにも

この考え方を活かしてください。

 

それでは、ご一緒に豊かさを広げていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。