原因ではなく目的にファオーカスすると上手くいく

私のメルマガでは、YouTubeで稼ぐためのノウハウはもちろん、それ以外にもビジネスマインドを育てるための考え方などもお伝えしています。

今回は、私のそんなビジネスマインド系のメールに対して、メルマガ読者さんであるSさんが送ってくれたメールの内容が、とても良かったのでご紹介させていただきます。(※掲載の許可をいただいております)



岡本のメールの内容

まず私が送ったメールの内容についてです。

題名は【わかってはいるけどできないこと】

ということで、今の時代であれば誰もが将来の不安を多少なりとも持っているということが前提のお話です。

たとえば将来的な不安の代表格といえば

  • もらえる年金は間違いなく少なくなるだろう。
  • 子育てが大変になるかもしれない(お金がかかる)
  • 親の介護の問題もいずれ起きてくるだろう。
  • 終身雇用も崩壊しているので会社の統合やリストラに合うかもしれない。
  • AI技術やネット技術の進歩により仕事が減るかもしれない。
 ここまで不安な材料がたくさんあるにも関わらず、多くの人は前向きな行動が出来ないのはどうしてだろうか?ということです。
 
私なりに出した答えは、
 
「人間は意識しないと楽な道を選ぶだから。」
 
どうしても今目の前のことにしか意識を向けることができないために、楽な道を選んでしまう、もしくはこれまでと同じやり方を選んでしまう。
 
 
自分の行動を正当化してしまうのが人間だということです。人間は意思が弱い生き物であることを自覚しましょうとお伝えさせていただきました。
 
 
それを踏まえて、不安や将来のための行動が出来た時自分をしっかりと褒めて段々と当たり前に慣れば良い。というのが私がお送りしたメールの内容でした。
 



Sさんから頂いた返信メール

 
それではこの私のメールを読んで、アウトプットとして私に返信をくれたSさんのメールをご紹介いたします。
 
 
Sさま
僕は比較は悪い文化だと思っています。

 

 
確かにビジネスにおいて比較(AtoBテスト)は基礎であり大切な要素です。

 

 
何故結果に開きがあるのかを理解することで、次のコンテンや商品の制作などに生かせて更なる結果を生み出す事ができます。

 

 
AtoBテストを素直に地道に行っていた人は、直接的にYoutube再生数を稼ぐには関連動画に載ることが重要だと教えられる前からAtoBテストを繰り返し行っていたので分かっていたと思います。

 

 
しかし僕は自分を分析する際に比較し原因にフォーカスして考えていくと、自分を褒めることを忘れてしまうのではと感じます。

 

 
僕は小さい頃から両親に「何で何で?」と聞く子供でした。聞きすぎて両親が呆れるくらいです。そのためか自分の失敗に対しても原因を突き止める癖が付いていました。

 

 そこで壁にぶつかったのは勉強です。

 

 
高校の授業から勉強のスピードについていけず一般的に良いとされる方法を試しましたが上手くいかず、最終的にたどり着いたのは自分が馬鹿だから上手くいかないという結論でした。

 

 
今では情報発信に触れて学び勉強の仕方に問題があったり、重要なポイントとそうでないポイントを見分ける必要があるなど自分の能力が原因だとは思わなくなりました。

 

 
でも自分の能力が原因だと思うと本当にやる気が無くなり行動が遅くなり、イメージするのも自分が失敗することばかりになって結局失敗します。

 

 
友達の何気ない一言にも過剰に反応して仲が悪くなります。いいことありません。

 

 
なのでもし自分を分析する時、原因ではなくしてしまった目的を考えることをオススメします。

 

 ついついテレビを見てしまったのであれば、嫌なことを紛らわせるために見てしまったのかなついついビジネスの作業中にゲームをしてしまうのであれば
 
 
作業がマンネリ化して飽きてきたから刺激が欲しいのかなといった様にやってしまった悪い習慣と呼ばれる行動によって何が得られているのかを考えてみて下さい。
 
 
そしてそれが分かったら別の良い習慣で代わりになるものがあるのか考えてみると苦なく自分の行動を良い方向へと変化出来ると思います。
 
 
自分の行動を変化させるコツは原因では無く行動の目的を考える。
 
長々と失礼しました。
   Sさんメールの返信ありがとうございました!
 



頂いたメールの感想

Sさんから頂いたメールの中で私が一番響いいた部分は

自分の行動を変化させたいなら、原因ではなくしてしまった目的を考えること」

という考え方です。

今する必要があることを後回しにしてしまうとき、どうして◯◯をやってしまったのだろう?と考えることによって、「めんどくさいから」とか「本当はやりたくないのかな」などと考えてしまいがちです。

ですが、Sさんがおっしゃるように、そもそもそれをやった “目的” に着目してみると、だらだらとTVを見ることも、自らが選んでそれを選択したということになります。

  • 疲れていたから休憩したかった。
  • 本当は心の底ではやりたいことではない。
  • 実は今に結構満足している。

具体的な行動がなかなかできなかったり、ついついやろうと決めたはずのこともズルズルと後回しになってしまい結局何もやっていないときに、

その行動ができなかったことは、自分の能力が原因だと思わない方がよいということを教わりました。

Sさんも「自分の能力が原因だと思うと本当にやる気が無くなり行動が遅くなり、イメージするのも自分が失敗することばかりになって結局失敗します」

とおっしゃらているように、自分が悪いという思考は、結局自分の為にはならないのでしょう。

なので、具体的に行動できない自分を変えたいのなら、

「その行動の目的はなんだったんだろう?」

という視点で自分を客観視するとよいということです。

優秀なコピーラーター(セールスページを書く人)などは、自分がついつい衝動買い物をした時に、自分の行動を振り返り客観的に観察して、どういうルートやどんな気持ちで商品を買いたいと思ったかを後から分析していくんだそうです。

そうすることでお客様の心理を理解し、自分がセールスをする立場になったときにアプローチしやすくなるんだそう。

自分を客観的に見ることによって、その行動をした本当の目的に着目すると、自分自身の揚げ足取りにならずに、より有益な行動へと自分をシフトしていくことができるのだとSさんに教わりました。

ぜひ自分のダメな行動があった場合は、その原因ではなくダメな行動をするとこの本当の目的(得られるもの)を考えてみましょう。

岡本のメルマガに登録していただくと、YouTubeで稼ぐための50本の無料動画をプレゼントいたします。また今回のようなビジネス思考を学ぶ機会も多くご用意しておりますので参考にしてみてください。

YouTubeで稼ぐための50本の動画 

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。