副業でのモチベーションを上げるには


岡本公式LINEアカウント
YouTubeで月20万円稼ぐための情報を配信中。

友だち追加

※ 登録できない場合は「@t.okamoto」で検索お願いします。

副業をしていて、やはりモチベーションが上がらなかったり、なんとなく急に気が向かなくなってしまったり… そんなことってないでしょうか。

実は私も、そんなにモチベーションが長続きするタイプではありません。特に、自分が想像しているような成果がなかなか出なかったりすると、誰だって嫌になってくると思うんです。

とはいえ、そんなネットビジネスよりも世の中の厳しさの方が断然きついというのは、当然あなたも感じておられると思います。だからこそ副業で稼ぎ、スキルを身につけていずれは脱サラしたい!という方も多いでしょう。

 

ブラック企業でなくてもキツイ

先日私は、ユーチューバーの先輩とお話しする機会がありました。先輩とは以前同じ職場で働いていてそこでお世話になった方です。その先輩は、それ以前はJA共済の保険の営業マンとして働かれてましたが、JA共済は数年で退職されて転職されています。

私は以前の電車運転士の仕事がかなりきついと感じていましたが、それを上回るきつさがJA共済にはあったと教えていただきました。そのきつかったという内容がこちらです。

 

ノルマがとにかくキツイ

やはりまずはノルマです。1年や1ヶ月1週間単位での無茶振りなノルマを課せられて同僚の中で競わされます。そこで成績が取れれば社内での居心地は何とか保てますが、成績が悪いとまるで戦犯のような扱いになるんだそうです。

会社内で協力しよう、みたいな雰囲気は当然あるわけもなく、成績の良いものだけがヨイショされて、成績が悪い人間は居残りで勉強をしたり、営業の訓練をさせられたりと大変だったそうです。

 

意味不明な残業

社会人あるあるかもしれませんが、やはり残業は当たり前だったそうです。たとえ自分の仕事が定時に終わっていても、無駄に2〜3時間は上司の顔色を伺いながら残業をするしかない、といった職場の雰囲気が常にあったそうです。

現在、このような環境に身を置かざるおえない方も多いのではないでしょうか。生産的なことに労力を割くのは当然のことですが、この非生産的な状態にも関わらず、なぜか上司の顔色を伺わないといけない状態といったらとても苦痛です。

早く帰って、次の日に備えて休養した方がよっぽど生産効率が上がると思いますよね。でも世の中は、会社はそれを許してはくれません・・・

 

会社を辞める決断をした日

さらに、ある時たまたま上司のボーナスを知る機会があったそうですがそのボーナスの半分は、ノルマのために自分で加入した保険だったというから驚きです。

先輩は上司のボーナスの中身を知った瞬間、この仕事に未来はないと思ったそうです・・・

JA共済といえば聞こえは良いですし、国の協力があって公務員のようなイメージもありますよね。ですが実際は、現在農業では全く儲からずほとんどの収益は保険の契約と金貸し業務だと教えてもらいました。

 

寄せられたブラックなつぶやき

会社のありえない風習やありえない発言に驚愕したことはないでしょうか。ツイッターにもブラック企業についてこのようなつぶやきがシェアされました。

 

ツイート

● ブラック企業に勤めてしまった従兄弟が教えてくれた、その企業の社長の名言「法が許しても会社が許さない」が忘れられない。

 

● 日本人が「薄給なら手を抜く」という習慣を身に付けると日本中がハッピーになると思う。「給料の良し悪しで仕事のやる気を変えるのは悪いことだ」という信仰がブラック企業を生き残らてしまうし客の立場になった時に傍若無人に振る舞わせる。

 

● ブラック企業とか言わずに「違法企業」って言ったら良いと思うし、サービス残業よりも「賃金未払」の方が実態をよく表しているし

 

● 会社説明会に行った後、あまりのブラック企業っぽい雰囲気を見て『あの会社絶対ヤバいだろ…』ってツイートしたことがある。そうしたらその会社の社員(人事ではない)にそのツイートを見られて『うちの会社は本当にやめた方がいいですよ』ってアドバイスしてもらった。ツイッターすごい

 

ブラック企業に関するブラックジョークですが、これがまだジョークになっている間はマシです。でも電通の事件などがあったように、我慢に我慢を重ねてしまっては、何のための人生かわかりません。そう考えると、電車運転士は残業は頼まれますが、お金はきちんともらえていたのでまだマシだったと言えますね。(それでも私は嫌でしたw)

あなたがどんな理由でネットビジネスやYouTubeアフィリエイトに興味を持ったかは私にはわかりません。ですが「将来への不安や現状の辛さから抜け出したい」そんな思いが強い方も多いと思うんです。それは正常だと私は思います。今の社会では、我慢することが良いことだというある意味洗脳に近い価値観が未だに根付いているように感じていました。そこに何となくでも気づかれているなら、十分にビジネスをする理由になります。

それでもモチベーションが上がらない時

それでもモチベが上がらない…そんな方はやる理由はきちんとあるのに何だかやりたくない状態なわけです。そんな時というのは体が疲れている場合が多いです。ですのでまずは自分の体をしっかり休めてみてください。

眠たかったり、疲れている時にはそれをも凌駕する危機感がなければ(例えば借金)なかなか動けません。逆に休日などで、体力は回復しているのに「ダレているな」と思う時はまずは部屋の掃除やちょっとした片付けから取り掛かって見てください。

案外、部屋がキレイになることで頭の中もすっきりしたり、物事を整理することで、ちょっとした達成感みたいなものもそこで生まれます。そうすることで、次の行動に移りやすいというメリットがあります。

ネットビジネスの可能性

世の中の厳しさを知っている方なら、ネットビジネスの可能性に疑いの目を持ってしまうかもしれません。何せ、ネット上にコンテンツを投稿していくだけで月に10万円以上、そして月に20万円以上を副業であってもほったらかしで稼ぎ続けることが可能だからです。

今の時代は確かに厳しいですがその中でもしっかりアンテナを張っている人には、チャンスがやってくる時代でもあるのです。あとはそのチャンスに出会ったなら、まずはとにかくやりきってみる。これがこれからの時代でも幸せに自分らしく、そして楽しく暮らしていける人になる最短の秘訣だと私は感じています。

 

YouTubeで稼ぐための無料コンテンツを期間限定でプレゼントしています。少しでも興味がある方はこちらから詳細を確認してください。

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。