YouTuberの迷惑行為を探したらモックンチャンネルに辿り着く

YouTuberコンサルタント岡本です。私自身ユーチューブの収益で生活し、そしてリアルにユーチューバーさんをコンサルタントしています。そこで今回は、ユーチューバーさんによるこれまで話題になった迷惑行為をまとめてみることにしました。どのようなことが迷惑行為として炎上したり非難されるのか。これを知っておけば、ユーチューバーを目指す際の参考になるのではと思いましたので、今回、調べてみることにしました。



ユーチューバーとは?

ただ、その前に確認しておく必要があるのが、そもそもユーチューバーの定義ってどこから?というものです。この疑問について、日本一有名なユーチューバーヒカキンさんが動画でアンケートをとっていますので引用してみます。ユーチューバーってなんなのさ?(動画)

こちらのアンケートで、ヒカキンさんの動画を視聴している多くのYouTubeユーザーの声がわかるわけです。その結果がこちら。

あなたが思うYouTuberとは?

●  54%  YouTubeからの収益だけで不自由なく生活できる人
●  36%  YouTubeに継続的に動画をアップしている人
●     9%   YouTubeから収入を得たことがある人

ということで多くのYouTubeユーザーは、YouTubeから収益だけで生活できるくらいの人気ユーチューバーか。たとえ収益は少なくとも、定期的に動画をアップし続けている人のことをユーチューバーと認識している。という結果が出ています。一動画アップして、まぐれで収入が入ってもそれはYouTuberじゃないよ、ということですね。

これに関しては私は、36%の継続的に動画をアップしている人がユーチューバーだと思っていますが、世間の声は、それで生活できている人がユーチューバーという声が多かったですね。なかなか厳しいなという印象です。お金が稼げている=プロという構図でしょうか。

それと、このアンケートはおそらく、顔出しのユーチューバーのことだけを想像して質問に答えていると思うので、私のようにコンテンツを作成するユーチューバーはこのジャンルに入らないかもしれないですね。



どこまでが迷惑行為か

ユーチューバーの迷惑行為ということで今回調べてみましたが、ではどこからが迷惑行為なのか。この基準を定めておかないとまとまらないなと思います。まず、犯罪行為は度が過ぎていますのでこれは省きます。YouTubeの動画で犯罪を犯す人がこれまでいましたね。股間を触った手でおでんをツンツンしたり、コンビニのお菓子に針だっけ?入れてみたり。彼らはネットの拡散力のかいもあって無事に逮捕されています。

他にも、宅配荷物が自分の都合通りに届かなかったことの腹いせに、2016年12月16日の早朝、ヤマト運輸の集配所にチェーンソーを持って現れ、大声で恫喝するなどして従業員を脅迫した「ヤマト運輸チェーンソー脅迫事件」。こちらもきちんと逮捕されていますのでご安心を。これらをユーチューバーとは言えないと私は考えています。定期的に動画を投稿し、なおかつYouTubeの収益で生活できるプロをユーチューバーと呼ぶのは良いことかもれませんね。

というわけで、今回の迷惑行為は、逮捕はされていないまでも、かなり炎上した動画についてです。動画をみた人たちがおかしいと思うかどうかが判断基準となりそうです。これら3つの点から、これまでYouTubeで起きた迷惑行為を探していきましょう。



モックンチャンネル

2017年1月17日 店舗で代金を支払う前に飲食する動画をアップしたことで、これが大問題となり炎上したのがモックンチャンネル。お店の売り場でパンの袋を開封し完食。空になった袋をレジに持って行き、レジの店員さんに「我慢できなくなって先に食べちゃったんですけど」と伝え代金を支払うという企画でした。(動画は削除されています)

他にも、知らない人のお見舞いに行くとして病室に侵入し、入院患者を驚かせて反応を楽しむ動画もあり、不謹慎極まりない動画です。突撃企画ものが多く、一見がんばっているように見えますがそれは違います。彼がやっているには日常生活を送っている人を引きずり込み、そういった方たちに悪ふざけをして反応を楽しもうとする、あくどいやり方です。はっきりいって炎上した動画以外も、胸くそ悪い気持ちになること間違いなし。

 

動画で登場しているもっくんは、元吉本のお笑い芸人。芸人をやめてからユーチューバーとして売れてやろうと試みたようですが、店内で会計前に飲食した動画で見事に炎上しました。上の画像は病院の知らない人のところへ突然お見舞いに行ってしつこく話をする様子です。こちらの動画は消されたようですが、どんな病状かもわからない人様のところに平気で突撃するその精神が理解できません。

2016/07/10に登録されたチャンネルは炎上後の2017/01/11の動画を最後に現在は更新されていません。その一週間後、彼自身のツイッターで謝罪しています。

これ以降は、ツイッターのつぶやきも途絶えています。視聴者は、人に迷惑をかけて喜んでいる様子を面白いとは思わないのです。なので、当然人気にはならないですが、こうはなりたくないものです。

 

スカッとジャパンの動物園ユーチューバー

フジテレビのテレビ番組スカッとジャパンが、動物園で迷惑をしまくるユーチューバーの再現VTRを作成し放送しました。番組を見た視聴者は、当然YouTubeでその当事者を探すことになるのですが、同じような登録数の「まるみた.com」の動物園で撮影された動画に押し寄せます。それによりBad評価が多く入りました。

ところが、私もこの動画を確認してみましたが、紹介されたような迷惑なそぶりはありませんでした。また、VTRでは休日の撮影と言っていますが、まるみた.comの動画です。つまり、彼らの動画はスカッとジャパンが取り上げたものではないのに、勘違いした視聴者が攻撃してしまったのです。彼らは500本以上の動画をアップしていますが2015/08/09以降は更新が途絶えています。

ツイッターユーザーも、

このようなコメントがツイッターやYouTube動画に多数入りました。ということは実際の動物園で迷惑をしたユーチューバーは誰なのか、これが未だにわかっていません。

そこで出てきたのが東海オンエアのこちらの二本。
【日本一恐い】恐怖の動物園行ってみた!!!前編
【日本一恐い】恐怖の動物園行ってみた!!!後編

こちらも全編後編と視聴しましたが、いずれもスカッとジャパンで取り上げられたような迷惑行為が動画に収められているわけではありませんでした。なので今でも動画は視聴できますし、そもそも東海オンエアの動画は違うのかもしれません。結局スカッとジャパンがどんなユーチューバーを例に出したのかは突き止めれなかったようで…

もしかするとですが、テレビ得意の作り話かもしれないですね。特にスカッとジャパンは作り話で有名ですからw おーぷん2チャンネルの反応では「大袈裟過ぎんねん」「実際作り話やからしゃーない」「三万貰えるからやで」「ついにソースは2chをテレビでやるようになったんやな」などのコメントがありました。だとするとこのVTRも、ユーチューバーの迷惑行為を逆手に取った、作り話の可能性も十分に考えられるというわけです。

まとめ

意外と迷惑行為で探してもこんなものでした。今回はユーチューバーということで探しているので、迷惑ばあさんとかそうゆう動画は対象ではありません。さすがにユーチューバーとしてやっていくには人様に迷惑かけては無理ということです。そういう意味ではモックンチャンネルは伝説のチャンネルです。

本当にモックンチャンネルに関してはチャンネルを閉鎖して欲しいほど、迷惑極まりない動画が未だに公開されています。動画に無理やり出演させられてしまった方たちが本当にかわいそうです。おそらく気づいていない方が多いと思いますが、削除申請などをすれば今でも削除できるんじゃないかと思います。

モックンチャンネルという最強で最悪の迷惑ユーチューバーが過去存在していたことで、今後はこのような人が現れないことを願います。反面教師にしたくないほどあり得ない動画ばかりです。もし気分が悪くなることが覚悟できるなら一度残っている動画をご覧くださいこちら ただ不思議なのが、これらの動画を面白いと思っているようなコメントもあったことです。人が迷惑をかけられているところを見て何が面白いのか私には理解できませんでした。

YouTubeで月22万円稼ぐためのYouTube入門講座を今なら無料でプレゼントしています。50本以上の動画をタダでゲットできますので詳しくはこちらから確認してください。今すく詳細を見る

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。