顔写真入り名刺をラクスルで作成しました(データ入稿方法)


YouTubeの収益で生活しているYouTuberコンサルタントの岡本です。今回は、顔写真入りのオリジナルデザインの名刺を、パソコン1台で作る方法をご紹介します。実際に自分でやって見ると意外と簡単でした。

ですので、難しそうだ〜と敬遠してしまう前に、私の体験談をご覧いただければと思います。ちなみに、デザインは自分で作成しますが、印刷は全て印刷屋さんに依頼する方法になります。それではさっそくどうぞ。

顔写真入りの名刺

今回作成した名刺の完成形はこちらです。オリジナルデザインで作成したので、顔写真入りにしたことと、自分のYouTubeチャンネルのURLをQRコードにして掲載しました。名刺を渡して終わりにならないための工夫ですね。

顔写真はYouTubeチャンネルのアイコンと同じものですが、元々は名刺で顔写真が必要だったので撮影したものです。(スマホで知人に撮影してもらいましたw)

こちらのオリジナル名刺の作成金額は、なんと100枚でたったの786円でした。

以前ラクスルのクイックデザインサービスを利用して作った時は同じ100数で1,558円。デザインを印刷会社の実店舗に持ち込みして作ってもらった時は、100枚で4,500円程度かかりましたので、オリジナル名刺の安さを感じて頂けるのではないでしょうか。

以前使用していた名刺

以前使用した名刺が以下の画像です。確かあの当時はネットビジネスのセミナーに参加し始めの頃で「名刺を持っていた方が良いらしい」と小耳に挟んだことをきっかけに慌てて作成しました。

かなりシンプルですが、名刺としての機能は備えてくれていますし、実際に数回使用しました。ですが、実際に交換してもらった名刺を見返すことはほとんどというか、結局一度もありませんでしたw

これは社会人の悲しい現実なのかもしれませんが、よっぽどご縁がない限り、名刺はもらっても見返さないものなんだなと実感しましたね。なので、名刺交換すること自体が何だか社交辞令の様な気がして、少し名刺嫌いになってしまっていました。

企業さま向け名刺が必要に

 

私はユーチューバーさんのコンサルタントとして実際にアドバイスさせて頂いているんですが、何とそのYouTuberさんに興味を持ってくださった企業さんから、ポツポツ声がかかるようになってきたのです。なので、これはきちんとした名刺が必須だろうということで、顔写真入りの名刺を作成することにしました。

最初は大変そうに思えるかもしれませんが、やってみると大したことなかったですし、名前だけの名刺に比べて顔写真入りはインパクト大です。知らない相手に初対面で覚えてもらうことは、今後の仕事などでも大きく成果が違ってくるかもしれません。ということで、一緒に名刺作りを学んでいきましょう。

 

ラクスルの使い方

まずはラクスルのサイトをご覧ください。印刷に関する様々なサービスがあるようですが、名刺の作成は左サイドバーにある名刺印刷の文字をクリックしてください。そして通常サイズ名刺詳細・料金をクリック。すると以下のような画面になりますので、カラーを片面か両面のどちらかを選びます。

名刺のサイズや紙の質感、名刺の厚みなど、加工方法を細かく設定出来るようです。私の設定は次の様になりました。

● 通常サイズ
● 両面カラー
● 紙はマット紙
● 特別な加工はなし

通常のマット紙ですと、実物を触ってみたところ表面はツルツルしていました。もう少しガサガサした和紙のような手触りをお望みであれば容姿の種類は和風紙を選びましょう。

選択が済んだら画面の右下にあるデザインテンプレ部分をクリックしてください。用意されているデザインの枠は、IllustratorとWord、そしてパワーポイントのみです。

デザイナーさんであればイラストレーター(画像編集ソフト)を持っているかもしれませんが、そうでない方はパワーポイントをオススメします。ちなみにMacを使用している方もパワーポイントで大丈夫です。私はMacですがMacのキーノートに自動的に対応してくれます。

つまりここでは、
通常サイズ名刺パワーポイント
をダウンロードしましょう。

ダウンロードしたらデスクトップに移動させてみました(下の画像左)そのファイルを開くと縦型と横型名刺2種類のテンプレートが入っていますので(画像右)ご自分の作りたい形のテンプレートをダブルクリックして開いてください。

どちらかを開くとWindowsの方はパワーポイントが自動的に開き、Macの方はキーノートが自動で開きます。その後は、そこに書かれてある指示に従ってデザインを作成していけば良いわけです。

 

デザインの作成方法

以下は横型のテンプレートを開いた画像です。このピンク枠緑枠をしっかり意識してデザインを作成していきましょう。仕上がりはピンクの線で囲われている部分になりますが、デザインを入稿する際は緑の枠線まで画像を伸ばすようにしてください。そうしないと、白の枠線ができてしまうことになります。

そして実際に私が作成したデザインの最終原稿は以下です。これは最終的に入稿したデータですので、このデータを元に最初にご紹介した私の名刺が作られました。出来上がりよりも文字が内側にあると思いますが、これは緑の枠線まで画像を伸ばしているためです。

 

名刺のデザイン作成

デザインは、WindowsのパワーポイントやMacのキーノートで作成できます。下の画像はキーノートの制作するためのアイコンですが、テキストの入力や画像の添付ができ、それぞれ色などを選べますので、これだけでデザインは作れてしまいます。

そもそもデザインというのはゼロから自分で発想するのではなく、Google画像検索などで好きな名刺を数個ピックアップして、それを元に真似をしながら作成していけば良いです。

つまり今回の私が制作した名刺も、センスある方の名刺を参考にして後から私が少し手を加えることでオリジナルにしたものです。

岡本
私は芸大のデザイン学部出身ですが、デザインを学んでわかったことは、デザインは真似から入るということです。土台があるからこそ、そこから工夫をして自分独自のデザインに行き着くわけです。なのでまずは、遠慮なく他の人の名刺を真似してみてください。

 

QRコード作成方法

自分のブログサイトやYouTubeチャンネルなどのネット媒体をお持ちであれば、QRコードを掲載するのもありだと思います。もちろんURLの記載でも良いですが、私のようにQRコードを載せておけば名刺交換をしたその場でアクセスしてくれる可能性が高まるでしょう。

ブログがなくてもFacebookやインスタグラムの自分のページでも良いですね。とにかく目的は名刺以外で繋がることです。リンクで飛ばす先の自分のサイトのURLを入力し、各種設定をするだけでQRコードが作れるサイトがCMANです。こちらでサクッと作成できますよ。

 

アイコンの作成

電話マークやワードプレスのブログを表したマークで、より分かりやすくしました。このアイコンは無料素材を使用していますが、こういった一手間でだいぶ印象も良くなるのではないでしょうか。自分でアイコンをデザインするわけではないので、それほど大変ではありませんしね。素材はicooon-monoさんのものを使用させて頂きました。

デザインの書き出し

パワーポイントのテンプレートの入稿はPDF形式が一番安全と書かれていましたので、私はPDF形式で書き出しました。詳しくはラクスルのサイトのこちらのページをご覧ください。

書き出す際には枠線を全て消しておく必要があるので、その方法についても公式ページにきちんと書いてありました。こちらをご確認ください。

私は手直しなどありませんでしたが、他の方のブログを見ると、完成見本を見たときに間違いに気づき(あるいはラスクルから変更指示があり)手直しする必要があった、という方もおられました。手直しをする場合は名刺の片面につき500円(税別)ほど別途追加料金かかってしまいますので、落ち着いてゆっくりと進めて行きましょう。

 

完成した名刺が届いた

完成形の名刺イメージを確認して正式にラクスルに申請した後は、完成した名刺をラスクルさんが送ってきてくれるのを待つだけです。

実際に自分で名刺を作成しようと思った時、最も大変なのが何といっても印刷とそれを切る作業ではないでしょうか。それを丸ごとラスクルさんは引き受けてくれるので、とっても助かります。そして約1週間後に送られてきたのが以下の封筒です。

さっそく封筒を開けて見ると

透明なクリアケースに縦並びで入っています。私は100枚注文しましたので50枚ずつ入っていることになります。

それでは最後に、以前作った顔写真のない名刺と今回作成した名刺を並べてみましょう。名刺をもらった時のインパクトや嬉しさは、格段に違うんじゃないかなと思いますし、私自身も名刺を渡すのが楽しみになりました。

一度入稿した画像のデータは、ラクスル内で残りますので今後増刷したい時はワンクリックで追加注文出来てしまいます。その際は紙の材質などの項目は再設定ができますので、材質を変えての注文も可能なようです。これはとても助かりますね。

今回ご紹介したように、オリジナルの写真やQRコードを入れれば、商談相手に印象を与えることが出来ます。わざわざ改めて電話連絡するほどでもない場合も、QRコードからコンテンツを見てくれるでしょう。そうすれば、そこから連絡がくる可能性だって大きいですよね。そして良いお仕事に繋がるかもしれません。

ぜひこの記事を参考にして、あなたも世界で一つだけの個性的な名刺を作成してみてください。
ラクスルはこちらです。

 

人気ブログランキング参加しています。 
この記事が役立ったという方は 
下の画像をクリックで応援お願いします ^ ^

 

YouTubeで稼ぐための動画コンテンツを
今なら無料でプレンゼントしています↓

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。