日本と世界のYouTuber数ランキングの差が歴然だった…

日本と世界のYouTuberのチャンネル登録者数別の人数と再生回数の比率が掲載されていました。

ユーチューバー数ランキングの差が日本と米国で歴然だったのでご紹介したいと思います。動画で解説しましたのでご覧ください。

 

日本と米国のこれだけの差

この動画で引用させていただいたデータは、UUUMの取締役の渡辺崇さんのブログ渡辺崇の動画市場最前線からの情報です。

後でチャネル登録10万人以上の日本人の人数を計算したところ457人でした。

10万人といえば銀のプレートがYouTubeから贈られてくることで有名です。また他にも、確認バッジをチャンネルに付ける申請ができ、YouTubeの担当者が付くとも言われています。

http://cfo.blog.uuum.jp/entry/2016/03/17/071643

あなたは登録10万人以上が457人という、この人数をどう思われますか。私は「結構多いんだな」と感じます。

 

確認バッジをもらうとYouTubeの容赦ない削除などがあっても、過去のシバターのようにしっかり復活することができるそうなので、ここまで行きたい気持ちになりますね。

まぁ果てしない数字ではありますが…

 

米国が桁外れなんだが…

http://cfo.blog.uuum.jp/entry/2016/03/17/071643

それにしても今回のこのデータで注目すべきは米国のユーチューバー数でしょう。

トップユーチューバーのはじめしゃちょーは500万人を超えましたが、米国ではすでに500万人超え110人以上いてその中で1000万人超え28人いるとか…

 

英語圏の国の人たちが視聴できるのでこれだけ多いんだよと言われればそうかもしれないですが、YouTubeの可能性は日本でもまだまだ大きいことがこの数字から見て取れるんじゃないでしょうか。

 

私の予想では今登録100万人を超えている現役ユーチューバーは全員やり続ければ500万人以上は行くと思います。

そして現在10万人超えのユーチューバーも今後100万人に到達する人がどんどん増えて行くでしょうから今の米国くらいの規模に、日本のYouTubeもなって行くのではと予想します。

ただ、その頃にはアメリカはもっととんでもないことになっているのは間違い無いでしょうwこの差はずっと埋まらないはずです。

 

YouTube市場はこれからが本番

ようやく日本のテレビなどでもユーチューバーを取り上げることが多くなってきてCMに起用したり目覚ましテレビでじゃんけんしてみたりと露出が増えて出きたので、その認知度も少しずず大きくなってきています。

ですがまだまだYouTubeの視聴者の平均年齢は若者が大多数です。(特にユーチューバー)

 

ですが、今の子供世代や中高生が今後大人になっていけばテレビを見ない人はますます増えます。そして、YouTubeでお気に入りのユーチューバーを毎日チェックするなんてことは当たり前になり、そこに企業もますますお金を落としていくことでしょう。

 

ちなみに世界一のユーチューバーの年収はご存知でしょうか。こちらの記事もおすすめです。

世界一のユーチューバーの年収と世界一受けたい授業

2017.08.26

 

俺もYouTubeで稼いでみたい!ユーチューバーになりたい!

と考えているのならま岡本とLINE友達になってください。

YouTubeで稼ぐ仕組みと始め方がわかるスタート完全マニュアルを無料プレゼントしています。

会社に副業がバレない方法の解説動画もプレゼント中です。一緒にYouTubeで稼いで行きましょう。

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。