【今日の常識は、明日の非常識】をビジネスに利用する方法。

“今日の常識は、明日の非常識”

 

これは、ビジネス業界において、よく聞く言葉です。

 

実は、私たちの日常には、

常識というものが存在しています。

 

 

その常識は、所属しているコミュニティーによって、

大きく違ったりするわけです。

 

 

例えば、私が以前ビジネスとして取り組んでいた、

アムウェイの中で、健康とゆうテーマをとても勉強していました。

 

 

成功していくためには、

そして、成功してから楽しむためには、

健康って一番大切ですよね。

 

 

 

しかし、意識しないことには、

知識や、情報は入ってきません。

 

 

毎日、忙しく、

朝ごはんは抜くか、コンビニのおむすびを利用している。

 

 

そのような方にとっては、おそらくファーストフードや、

コンビニ弁当がそんなに健康に良くないことは、

わかっているでしょう。

 

 

しかし、あれほど手軽に、

しかも安く、お腹を満たせることには、とても価値があります。

 

 

TVでもガンガンコマーシャルしていますし、

とても良いイメージがあるわけです。

 

 

 

ところが、

現在の日本には、トランス脂肪酸という成分の使用が許可されているのですが、

アメリカでは、すでにトランス脂肪酸という成分は、発がん性があるため、

食品への使用を禁止されています。

 

 

 

これは、長期的な、健康被害を食い止める狙いがあります。

 

 

 

一方日本では、パンや、マーガリン、お菓子、などに多く含まれています。

この情報に、気付いて、意識しているひとは、

コンビニでパンや、お菓子をあまり食べません。

 

 

いずれ日本でも、このトランス脂肪酸は、禁止になるでしょうが、

多くの人にとっての常識は、

現在は、菓子パンは手軽に食べれて美味しいもの、なのです。

 

 

ですので、

その健康被害がどうとか、

アメリカでは禁止になっている、

などを聞いても、自分の周りの多くの人が認識していない限り、

こう発言している人自体を、非常識だなと思うくらいです。

 

 

これが、あの人も、この人も、そしてTVでも取り上げられると、

やばいんだなと、認識できてきて、

それはやがて、世間の常識であるかのような感覚となります。

 

 

このように、一見常識だと思っていることも、

或る日突然、非常識なことに転換することは、

いままでにも多くあります。

 

 

例えば、

うさぎ跳びがいい。

運動中に水分は補給してはいけない。

ストレスからくる疾患は、根性なし。

パソコン好きは、ネクラのおたく。

人に酒をすすめられて飲めないと不届きもの。

 

 

どうでしょう、私が子供の頃は、まだこれらが常識でした。

そして、このような常識の変化は、

今後も多くある、ということを理解しておくことは、

ビジネスをしていく上で、大切だと考えています。

 

 

なぜかと言いますと、

非常識が常識になっていくところに、

ビジネスチャンスがあるからなのです。

 

 

どんなことをやるにしても、

賛成と、反対があることをやるのが

良いと考えているのですが、

このまだ常識になっていない手前、

がとてもチャンスなのです。

 

 

これをYouTubeビジネスに置き換えるなら、

チャンネルのジャンルを選ぶときは、賛否両論あるもの

を選ぶのはとても効果的です。

 

 

それだけ注目されますし、

おのずとコメントも入りやすいわけです。

 

 

なおかつ、賛否両論の中立的な立場より、

わたしは(このチャンネルは)こちらを支持しています。

とはっきりさせることで、コアファンが出来上がります。

 

 

このあたりのことも、ぜひ参考にして、

チャンネル作りの、ヒントとしてください。

 

 

それでは、ご一緒にYouTubeで収入を得ていきましょう。

 

 

 

YouTubeビジネスのバイブルはこちらから。

今なら無料で動画を視聴できますよ。

http://banana-asp.net/ad/689/129566

(安全なURLです)

 

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。