【再生回数を激増】させたいならこれをやるだけ。


YouTubeの再生回数を増やすためのテクニックとして、

関連動画に表示させる方法、というのがあります。    

YouTubeでは、動画を視聴しているときに、

パソコンなら右側、スマホなら下側に、

関連性の高い動画が表示される仕組みがあります。  

 

  この仕組みというのが、 YouTube独自の機能で、

ユーザーにとっても便利だし、 ビジネスをする側としても、

いい動画はしっかり再生してもらえる要因に なってくれるシステムで、

とてもありがたいことなのです。      

 

そして、この仕組みを最大限活かすことで、

再生回数を激増させることが可能なのです。

 

今回は、その中でも、一番効果があるものをご紹介します。      

それは、動画の説明欄に、

関連させたい動画のタイトルとURLを入れておくことです。    

 

これはかなり効果が高く、即効性もあります。

必ずやっておいて欲しい作業です。    

なんだ、そなことか、 と思ったあなた。

まだ、これだけではありませんよ。    

 

この手法は、おそらく以前からあるもので、

実際にやっている人も多いと思います。    

今回は、その具体的な新しいやり方、そしてコツをお教えします。      

 

まず、 多くの人が、10個近くのURLとタイトルを、

ただ並べているのを見かけます。    

しかしこれ、 はっきり言って、かなり損しています。    

 

だって、説明欄を見てくれても、

10個も並んでいると、見にくくてて、

クリックしてもらえません。

しかも、良心的じゃなく感じるので、

チャンネルの評価が下がります。

(関連動画対策でやってるのね感が出ます)      

 

確かに関連動画に乗るかもしれませんが、

説明欄からも、クリックという形で次の動画につなげたいし、

ダブルでできれば、効果は倍増しますよね。    

 

そこで、私が考えたのが、

関連動画と、おすすめ動画の、ダブル作戦です。    

URLが見やすい限界は、おそらく3つくらいまでです。 (

私の感覚です)    

ですが、それでは、やはり少ないので、

つぎのようにしてください↓      

 

【関連動画】

タイトル http//:YouTube.URL

タイトル http//:YouTube.URL

タイトル http//:YouTube.URL    

 

【おすすめ動画】

タイトル http//:YouTube.URL

タイトル http//:YouTube.URL

タイトル http//:YouTube.URL      

 

どうでしょう、

これでしたら見易いうえに、

動画も6つ紹介でき、関連動画にのりやすくなります。    

 

ここでのポイントがありまして、

【関連動画】のほうには、

しっかり関連性の高いものを、

入れておくことが大切です。    

 

そして、

【おすすめ動画】の方には、

関連性はそれほどないけど、

自分のチャンネルの

GOOD評価が高い動画を入れておきます。  

 

今見た動画の同じような動画が見たいユーザーは、

関連動画をチェック。    

他の新しい動画が見たいなら、

管理人のおすすめ動画を。    

 

とゆうユーザーの流れを生み出せます。    

しかも、すべての動画で統一していれば、

このチャンネルでは、そうなっているんだな。

と、ルール付けのようなことにもなってきます。      

 

このやり方をすれば、クリックしてくれたユーザーの、

満足度を高めつつも、

関連動画対策にもなっているという相乗効果が期待できます。

 

しかも、常にこの表示なら、

ユーザーも説明欄を見てくれやすいでしょう。      

 

そして、もう一つテクニックとして、

他のチャンネルの動画も、

ここに入れてしまうのも「あり」です。    

 

特に、チャンネルを作りたてで、

6つも紹介する動画がない時などは、

再生回数が自分の動画より少し多い、

他の方の動画を載せておくことで、

関連動画に表示されやすくなります。    

 

ちなみに、再生回数が多すぎる動画のURLだと、

関連扱いされませんのでご注意ください。    

あと、もうひとつ。 URLを、再生リストのURLにする。

という技もあります。    

 

これをクリックしてもらえれば、

自分の動画をより長く視聴してくれる、

ことが可能となります。    

 

そして、最後のテクニックとしては、

再生リストに、他の方の動画も入れてしまうという方法です。    

なんと、自分が作った再生リストでも、

他の同じジャンルであれば、

(評価の高いものに限る)

再生リストに入れてしまいましょう。    

 

そうすることでも、関連動画対策になります。    

ちなみに、最近のYouTubeはタグの重要性を下げてきている そうなので、

こちらは逆に力を入れなくてもよさそうです。    

 

動画が増えてきても、過去の動画の説明欄に、

最新動画のタイトルとURLを貼っておくと、    

過去の動画が、

最新動画の関連動画に表示されるという

確率が断然に高くなります。    

 

とにかく、すべての動画の説明欄に、

しっかりこの技を使えば、

総合的な再生回数が、激増します。      

とゆうわけで、ぜひお試しください。      

 

ご一緒に、YouTubeで稼いでいきましょう。    

 

 

 

YouTubeで収入を得る方法を無料公開中です。

海猿ブラックジャックによろしくを描いた、

佐藤秀峰さんのマンガなので読みやすいです。

http://goo.gl/ScIP3D

 

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

YouTubeの収益で生活しています岡本です。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしています。つまり日本発のYouTuberコンサルタントです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにわかりやすく教えています。ぜひメルマガに登録してプレゼントを受け取ってください。