収入が10万円増える〔パクリ〕に対する具体的な考え方。

よく、何かを学んでいくときに、

「まずはマネをしましょう」 と言われます。

 

今までのわたしは、実はこの言葉に大きな「抵抗感」を持っていました。

それは、「パクるってよくないよね」 という価値観です。

 

世の中のクリエイティブな人は、0から1を生み出しているからこそ、

評価されているんだし、新しくないと評価もされないだろう、という

考え方が根付いていました。

 

 

これ、実は多くの人が、同じような考え方で、

でも、だからこそ行動できない、

一つの原因なんじゃないかなと思いましたので、

 

 

わたし自身が、どうゆう考え方に変わることで、

収入を増やすことが出来たのかを、お伝えしたいと思います。

 

 

 

最近の話題ですと、2020年開催の東京オリンピックの、エンブレムが

実はパクりだったと問題になっていますよね。

作者は、(2015/8/6)現在のところ、完全否認しているようですが、

 

 

このようなニュースを見ることでも、

「パクリはよくないよね!」っていう価値観が一段と強固になります笑

 

 

 

しかし、実際は、ネットビジネス業界の教材を購入されたことのある方

ならわかると思いますが、

どんどんマネして、まずはパクっていきましょう。

と教えられます。

 

 

 

それは、会社や、職場でもそうかもしれませんし、

逆に、「パクれないから、困っているんじゃないか!!」

という方もおられますよね。

 

 

 

そういった、パクる、パクられる。

ことについて、今現在のわたし自身の考え方をシェアさせていただきます。

 

 

 

今のわたしは、パクるのは【あり】だと考えます。

そして、パクられるのも【あり】だと考えています。

 

 

つまり、パクられてもいいし、

パクる人間を見ても、まったく怒りは湧いてこない、ということです。

 

 

 

それは、なぜなんですか?

と思われるでしょう。

 

 

 

その答えを伝えします。

 

 

それには、少しだけ大きな視点で世界を認識してほしいのです。

 

 

世の中は、あらゆる要素で、成り立っていますよね。

知らないことの方が多いでしょう。

私は、いまPCで文章を書いていますが、

なぜ、この機械が動くのかなどは、わかっていません。

 

 

 

政治の世界もわからない、

どうやって電話がつながるのかもわからない。

アプリの開発方法もしらない。

でも、利用させてもらっていて、とっても便利。

 

 

そんなことは、たくさんあるわけです。

 

 

生活の大部分を、自分が知らないことに、助けてもらいながら生きている。

というのをまずは自覚して欲しいのです。

 

 

つまり、

いまわたしが手にしているもの。

(所有しているモノ)

車だったり、PCだったり、スマホだったり、

人間関係で言えば、

彼女だったり、友達だったり、親だったり。

それらは、自分のモノではないわけです。

 

 

 

 

たまたま、いまここにあるだけで、

いつなくなってもおかしくないし、

でもいまは、ありがたいことにここに存在してくれている。

という感覚で生きています。

 

 

ビジネスもそうですよね。

うまくいっているYouTubeチャンネルが、

明日、何かの理由で削除されてしまう、

そんな恐ろしい可能性も、もちろんあります。

 

 

つまり、

なにひとつ自分のモノではない、

という考え方で、私自身は生きています。

 

 

 

それは、お金もそうで、

これはわたしの「お金」だ!!!

と、ぎゅーっとはなさず、タンス預金していても、

結局それは、使わなければ紙くず同然です。

 

 

 

お金は、それを使って、何をするかが大切なのであって、

それ自体に価値は、本当の意味ではないのです。

 

 

 

ちょっと、スピリチュアルっぽくて、

理解しにくいところがあるかもしれませんが、

もう少しだけ、わたしの話に付き合って欲しいです。

 

 

 

いままでの話を、ひっくるめると、

アイデアや、考え方は、誰かの「モノ」ではなく、

みんなで共有「シェア」するものなのです。

 

 

 

ですが・・・です笑

 

 

 

この世界には著作権というものが存在し、

映画や、音楽、漫画や、アニメ

などは、やはりビジネスに使用してはいけないと

法律で定められています。

 

 

法律で定められていることは、しっかりと守らないと

自分自身が損をするだけなので、しっかり勉強していただきたい

ですが、

 

 

それ以外の、

(著作物でないモノ)

デザインや、雰囲気や、誰かの喋り方や、

話した内容や、思想や、

ビジネス戦略や、文章の書き方や、

キャッチコピー、

などなど..

 

 

多くのことには、著作権はひっついていないのです。

 

 

 

パクるというと、「コピペ」をするイメージですが、

そうではなく、

「参考にする」とゆうスタンスで、自分の中に取り入れる。

ことをどんどんやっていって欲しいのです。

 

 

 

そして、それらは、誰のものでもないので、

その情報が、一人でも多くのひとを幸せにするのであれば、

広がるのが自然の法則です。

 

 

うまくいく人と、そもそも心にブレーキが

かかってしまうひ人の、

見えている現実が、じつは根底から「違う」

とゆうのを感じてもらいたいのです。

 

 

 

 

「パクリは悪いことだ」

という考えい戻りますが、

人間には良心があるので、

教材の中身や、教えを簡単にひとに教えたら悪いんじゃないか、

と考えたりしませんか?

 

 

 

でもこれ、実は大丈夫なんです。

あなたがそれを話したところで、

たいして集客できませんから笑

 

 

そして、「パクられた」なんて、

そのレベルのひとは思いませんし、

気にもしません。

 

 

 

パクったことがバレたら、なんと思われるだろうと不安になる方は、

自分自身が、パクられた時に「怒り」を感じるひとです。

 

 

逆に、パクられても平気なひとは、

パクるのも平気なのです。

(しかも、スキルが向上していくので、

そもそもパクったように見えなくなります笑)

 

 

 

そうやって、

お金も考え方も、

どんどん共有して、シェアしていく。

 

 

自分を通して、流れを生み出していくことを

どんどんやってほしいと思います。

 

 

わたしのこのブログも、

購入した教材のノウハウが、自然と(意図的?笑)入っていますし、

別にそれでいいと思っています。

 

 

 

それは、著作権で守られているわけではないので。

逆に、こんどは、

わたしのこのブログの文章がパクられても平気です。

 

 

文章を書くスキル、

この考え方で生きていることを確認できたこと、

伝えるスキルの向上など、

 

 

わたしの財産は、この文章だけでなく、

自分の内側にたくさん生まれているのです。

 

 

 

 

ですので、

スキルが向上する、

考え方が、成功する考え方になっていること。

 

 

 

の方が、よっぽど重要なのだと考えているのです。

 

 

 

 

誰のモノか、とかそんなことを考えるより、

いい情報は共有して、

いいアイデアは、みんなが使って、

 

 

それで、日本が、そして、世界がいまより

豊かになっていくことが最高でしょ。

 

 

くらいのスタンスで在る。

 

 

これが大切です。

とゆうわけで、

 

 

まとめますが、

とんどん良いモノは、参考にして(パクって)いきましょう。

そして、誰かにパクられてもほっておきましょう。

自分のコンテンツが素晴らしい証拠です。

 

 

 

すべてのモノやコトは、

だれのモノでもなく、

ただ、流れがそこにあるだけ。

 

 

そんなスタンスで生きれば、

もっと楽に、お金も入ってきますよ。

 

 

これって、

いわゆる「がんばる」

とは違いますよね。

むしろ、「諦める」に近い。

 

 

この話を聞いて、なんかよさげー。

と思われたなら、

ぜひ実行してみてください。

 

 

ぜひ同じテーマで、ブログ書いてみてください。

きっと同じにはなりません。

 

 

あなたには、あなたにしか経験していない人生がありますので、

ぜひ、メインの部分は、たくさんパクってくださいね笑

 

 

 

それでは、ご一緒にYouTubeでも、

稼いでいるひとを参考にして(パクリまくって)

安定収入を稼いでいきましょう。

 

 

 

※いまいち理解できない方は、とりあえず

何度も読んでみることをおすすめします。

他の方の、違う記事を読むこともいいかもしれませんよ。

 

 

以上。

 

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。