Youtubeの終了画面とは?アノテーションとカードの進化系、終了画面の使い方を解説

この記事は3分で読めます


アノテーションを上回る終了画面とは?

Youtubeに終了画面という機能が
新たに追加されましたので、
動画で解説させて頂きます。

これまで使用していたアノテーション
カード機能の両方の良さを足して
バージョンアップさせたような機能で、
これはかなり使えそう!というのが率直な感想です。

動画の注目ポイントは
インポート機能というところです。
そちらに注目してぜひご覧ください↓

終了画面を活かすには

動画をご覧頂いた方には、
わかって頂けたかと思いますが、
アノテーションやカード機能で出来ることは
全て終了画面で設定することが出来ます。
※ただし動画の終了前20秒に限られます

この機能をうまく使えば、

◆チャンネル登録を増やす。
◆ブログへ誘導する。
◆おすすめ動画へ誘導する。
◆再生リストへ誘導する。
◆商品の購入フォームへ誘導する。

などなど、さまざまな用途で活躍してくれそうです。

 

これまでも、アノテーション機能を使用することで、
意図的にアクセスを集中させたり、
他チャンネルへ誘導させることで、
新規チャンネルに勢いをつけたりと、
かなり有効的だったわけです。

そのアノテーションの進化バージョンとして
遂にスマホ対応したといったところです。
(カード機能はスマホ対応ですがアピール力が足りない印象)

 

チャンネル運営者に優しい設計

しかもこの終了画面機能は、
運営者の意見がかなり反映された作りになっています。

その代表とも言える機能が、
インポート機能です。


この機能があることで、
一度設定した終了画面を、
新規動画でインポートする(読み込む)
ことが可能となっており、
新しい動画への新規設定を
ものの数秒で完了出来てしまうのです。
%e8%aa%ad%e3%81%bf%e8%be%bc%e3%81%bf

ですので、ある程度自分の終了画面の、
テンプレートを作成したら、
あとはインポートすれば良いだけ、
というカタチににしておきましょう。

 

背景を設置して誘導効果をアップする

また、この終了画面のために
背景を作成するのもかなり効果的です。
インポートを使えば終了画面を
テンプレート化が出来るので、
背景も同じものをずっと使用できます。

イメージとしては
◆チャンネル登録はこちら→
◆おすすめ動画はこちら→
など予め背景に文字を入れておいて
そこに終了画面のアイコンが
ピタッと収まるように設定します。

かなりクオリティの高い実例となりますが、
Poppa Gaming – ゲーム実況
さんの
終了画面を引用させていただきます。
やり方次第でこんなことが出来てしまうのです。
%e4%b8%8a%e6%89%8b%e3%80%80%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d

 

おすすめの設置場所

おすすめの終了画面の設置場所としては、
右下に画面表示するのが良いでしょう。

Webデザイナーさんにお聞きしたのですが、
人の視線というのは左上から始まり、
右下にZの文字を描くように移動するそうです。

つまり動画を見終わったときは
右下に視線が来ることが多く、
しかもマウスもあまり動かしたくないため、
右下に動画を設置するとクリックされやすい
そうです。

そういう目でYoutubeを見てみると
関連動画が右にあることはこれと同じ
効果を狙っているからなのかもしれませんね。
%e5%8f%b3%e4%b8%8b%ef%bc%92
ですので、せっかく訪問してくれた
視聴者さんを関連動画に逃さない意味でも
おすすめの動画を右下に設定するのは
とても有効的です。

また、終了画面のサムネイルは
最初に設定しているサムネイルが
表示されますので、今後ますます
サムネイルの重要度が高まりますね。


そのあたりもしっかりと意識して
サムネイルも作成していきましょう。

 

使用する際の2つの注意点

%e6%b3%a8%e6%84%8f

ただし、こんな便利な終了画面機能ですが、
2つほど注意して欲しいことがあります。

1つ目の注意点は、
設定できる範囲が
動画終了から
20秒の間だけだ
ということです。

動画の途中に設定することが
今のところ出来ませんので、
そこは今後の動向を見守りましょう。

今後は動画途中に入れれる機能も
追加されるのではないかと
私は予想しています。

二つ目の注意点は
終了画面を使うと
アノテーション機能
使えなくなることです。

アノテーション設置後に
終了画面を使おうとすると・・・

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84このような表示が出てきます。
つまり終了画面はアノテーションと
併用が出来ないのです。
(カード機能は使えます)

また、終了画面を使用せずに
アノテーションを使おうとすると
以下のような警告めいた文章が表示されます。
%e8%ad%a6%e5%91%8a動画の途中にアノテーションが貼れないからと
これまで通りカードとアノテーションを使うのも良いですが、
この警告文を見る限りでは
頼むから終了画面を使ってね!
というYoutube側の声が聞こえて来そうです。

アノテーションについては
2015年頃から使用出来なくなるのでは、
といった情報を聞くことが増えました。

結局2016年の終わりに差し掛かっても、
アノテーションは健在です。
本来ですとカード機能を登場させた後に、
アノテーションを終了させたかったのかもしれません。

ですがカード機能があまりにも不発だったために、
その大役として満を持して登場したのが
今回の終了画面ということでしょうか。
(ネーミングセンスw)

ただ、カード機能も
アンケートなどが手軽に出来るので
使用用途はあるように思います。

今後は、終了画面とカード機能の
両刀遣いで戦略を練っていくことになるでしょう。

Youtubeアフィリエイト実践者さんは、
ぜひ終了画面を使いこなして、
自チャンネルに訪れてくれた視聴者さんに
より濃いファンになってもらいましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

 

岡本

%e8%a9%b3%e7%b4%b0

RETURN TOP

YOUTUBEアフィリエイト実績
初月報酬  10 円
6ヶ月  3万円
12ヶ月後  チャンネル削除で千円に
16ヶ月後 10万円
18ヶ月後  17万円
21ヶ月後  21万円
コンサルしているYouTuberの
チャンネル登録数2000人突破
岡本のプロフィール

ページ別カテゴリー記事