ビジネスは「頑張れば成功できる」という大きな勘違い

頑張っても成功出来ない?

結論から言いますと、頑張ったから成功できるわけではありません。YouTubeアフィリエイトであれば、ユーザーに豊かさを提供できたから成功できるのです。あなたがいくら体がボロボロになるまで一生懸命に働いたところで、誰の役にもたっていないなら、あなたは一円も稼げません。それがビジネスです。

 

ですが、成功者の「がんばってきた」人生論を真に受けてしまって、ただただ頑張っている人がいるのではないかと思い、この文章を書いています。実は、まさしく私自身が、体をボロボロにして睡魔と日々闘い、泣きそうになりながら短時間睡眠で会社に出勤し、人に迷惑をかけ、怒られながらサラリーマンをやっていた経験があります。その経験を踏まえて、お話させていただきます。

 

 

誰もがビジネス出来る時代

ネットビジネスにしろ、ネットワークビジネスにしろ、今の時代はその気になれば身近な成功者に会いにいけるようになりました。また、youtubeやブログでは、成功している人の情報を無料で聞くことも出来ます。

 

これは、本当にありがたいことで、一昔前なら私たちのような一般人には来ないようなチャンスも、今ではたくさんあります(※詐欺もまれにありますので注意は必要です)。それはなぜかと言うと、やはりインターネットの発達が大きいです。誰もが情報を発信できるブログやyoutubeなどの媒体の登場により、一般人が広告収入を得たり、物販ビジネスを個人単位で行うことが出来るようになったからです。資本金はほとんど必要なく、スキルが低くても簡単に始めれるわけです。

 

成功者の話を勘違いする

成功

そこで、です。セミナーやコミュニティにおいて、成功者のお話を聞く機会も増えました。私自身、これまで多くの方のお話を聞いてきましたので、成功している人(自分らしく生きている人)がこんなにもいるのかと驚いてきたわけです。そして、当然私もそのようなライフスタイルに憧れ、時間的な自由や、経済的な豊かさを目指したくなりました。

 

ただし、です。よく成功者のお話の中で出てくるのが「サラリーマン時代には、睡眠時間3時間で半年間がんばりました!」とかいうお話です。その方は、実際にそのくらいの気合で、本業と平行して副業でビジネスを行い、脱サラされたと思うのです。このように、成功者の方たちのお話には、ちょくちょくこのようなニュアンスの話が出てきます。「最初は下りのエスカレーターを登る感覚です」という表現も聞いたことがあります。決してこのようにお話してくれる方たちが嘘をついている、と言いたいわけではありません。

 

しかし20代の私は、この話を聞いてとある勘違いをしてしまうのです。

「そうか、そのくらい頑張れば成功できるんだ」と。

 

まぁ、無理もないところもあるかと思います。こんな話を毎回毎回聞くので、脳みそに自然とインプットされていきます。お話をしてくれる人が、突進系のタイプだとなおさらです。例えば、こんなふうに。

 

・成功者は苦労してきたから今がある

・睡眠時間を削ってでもがんばってきたから今がある

・そのくらい頑張った人だけが成功できる

・成功者の話を素直に聞いた人が成功できる

 

どれもやる気になるお話ばかりです。話を聞いているときは、やってやろう!と決意したりするんですが、いざやってみるとその辛さは半端無いんです。素直になれ、というのも勘違いしやすいアドバイスですね。言われたことを忠実に出来ることは必要ですが、自分で考え実験し、検証、改善を行えることも大切です。ビジネス用語で、いわゆる「PDCAを回す」と言われるものですね。

 

 

◯時間睡眠でがんばっていた頃

短時間 サムネ

実際わたしも、3時間睡眠で翌日会社に出勤していた時もありました。目覚めても、まったく疲れが取れておらず、目覚ましの鳴った瞬間から地獄が始まります笑 それこそ泣きそうになりながら出勤していたのを今でもよく覚えています。短時間睡眠でも平気な方も世の中にはマジでいらっしゃいます笑 ほんとに尊敬レベルですが、私はそうではないので、仕事中にどうやっても睡魔に襲われ、仕事仲間にかなり迷惑をかけました。失敗や忘れごとも多く、その当時は謝ってばかりでしたね。仕事的にもかなり集中力を要求されるものだったので、これはまずいなと思いました。

 

人は、それぞれ自分の利益の為に動くことがほとんどです。ポジショントークと言われますが、それぞれの立場によって、発言はさまざまなものに変わります。何が言いたいのかと言いますと、どれも正解ですよってことです。成功者の方も、あなたに結果を出して欲しくて、頑張ることの大切さを教えているのです。そして、実際にその方は3時間睡眠でやっていた時期があったのは本当でしょう。

 

ただし、だからと言って、あなたが3時間睡眠をする必要があるかどうかは、また別の問題なのです。もちろん、それが出来るのならやったらいいですし、3時間睡眠で頑張ればば成功できるのなら、そのくらい頑張れる!と思える方もいらっしゃるでしょう。どうぞがんばってください。

 

ただ、ひとつだけ言わせてください。私の考えでは、人の話を聞いて頑張ろうと思う方はそもそも成功でないのではないかということです。3時間睡眠で成功した方は、三時間睡眠で頑張れば成功できるからそうしたのではなく、自らそうしようと決めて実践した方だと思います。

 

これはあくまで私の例ですが、結局3時間睡眠でがんばったところでうまく行きませんでした。そもそも、私の価値観の中に、「たっぷり寝ることは大切」という幼少期からの価値観があり、3時間睡眠でがんばっている頃の私というのは、「こんなに辛い思いをしているのだから、成功するんでしょ!?」という上から目線といいますか、完全なる依存マインドになっていたのです。

 

これでは、アクセル吹かしまくりながら、
ブレーキ踏みまくっている様な状態です。

 

私の個人的な意見ですが、おそらく3時間睡眠でビジネスを頑張って成功した方は、がんばっている感覚はなかったんじゃないかと思います。イチローが頑張っていないのと同じです。いや、はたから見れば、がんばっているように見えますし、それを頑張っていると言わないと、われわれ一般人には理解できず、その現象を処理できないのです。ですが、当の本人にしてみれば、目標と期限が明確に決まっており、どうしても達成しないと「嫌」なのだと解釈しています。

 

あなたにもし生命の危機が迫っていたら、睡眠欲はある程度吹っ飛んでしまうことが想像できるでしょうか。

 

やらざるお得ない=やりたいこと

やるぜ

大げさですが、半年以内に副収入で月収30万円を達成しなければ殺されるといった状況なら、おそらく3時間睡眠でも眠たくないと思うのです。おそらく1ヶ月くらいで達成するんじゃないでしょうか。どんな手を使ってでも30万円稼ぎだすと思います。笑 今の私も、おそらく以前の私よりも、はたから見るとがんばっっているように見えるかもしれません。しかし、私の中の現実としては、「いやいや、お金稼ぎをしないと自分の生活がやばいし、彼女もできないし、楽しいこともっとやりたいし、遊びたいし…」という本能レベルの欲求が、何もしないことを上回っちゃっているというのが現実なのです。そうです、これは、頑張っているんじゃないのです。

 

頑張らないことのほうが辛いのです。

 

「成功者の方と写真を撮るような人は成功できない」という厳しい言葉を聞いたことがありますが、これなんかも、まさに同じ様なことを言っているわけです。成功とは憧れではありません。あなたの大切な人生を、どのように生きるかを決めるのは、あなた自身なのです。やりたいことに挑戦して、悔いなく人生を楽しむために、あなたの心の中から出てきた目標に対して、100%の力で挑戦することこそ成功だと思うのです。

 

勘違いしてしまう人は、以前の私がそうだったから言えるのですが、どこかで「楽して儲けたい」という考え方や「誰かに幸せにして欲しい」という依存マインドがあるからだと、今では思います。それは、私が頑張って頑張って、辛い思いをしてもなお、まったく成果が現れないという経験をしたから気づけたことなのかもしれません。

 

ぜひ、参考にしてみてください。成功者は神ではありませんので、ご自身のビジネスや人生はご自身で舵を切り、挑戦して行くことです。私はお金より健康を大切にしていますので、3時間睡眠はしません。睡眠時間を確保したうえで、その中でいかに効率的に人生を豊かにしていけるか。考えて行動しています。

 

 

ご一緒に豊かさを広げて行きましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。