YouTubeの著作権違反を回避するにはBGMを入れる?

YouTubeを使い、動画コンテンツを提供していくyoutubeアフィリエイトという仕事があります。私はこのアフィリエイトで月に20万円以上の報酬を得ているのですが、動画作成で気になるのが著作権です。

 

youtubeに動画をアップするのはいいけれども、著作権にひっかかってしまったら、動画を削除されてしまいますし、その先にはチャンネル削除や、Googleの広告システムの利用を剥奪されてしまうことさえあります。しかも、これまでのyoutubeの歴史の中には、漫画をビデオで撮影してアップした人が逮捕されたり、とあるアイドルのライブ映像を違法アップロードしてして逮捕された方もいるので、著作権というものについてシビアに捉えるのはいいことだと思います。

 

まずは著作権を学ぼう

ただ、その著作権の存在によって、youtubeに動画をアップすることを躊躇してしまうようでしたら、それは非常にもったいないことです。なぜなら、著作権とは法律で定められたルールなのですが、私たち一般人は、この著作権をあまりきちんとは学んだことがないため、ただ漠然としかルールを把握できておらず、厳しそうだというイメージが先行してしまっているのが現状なのです。

 

私がおすすめするのは、まずは著作権を学び、どのような動画を作成するとダメなのかを理解しておくことです。著作権はルールですので、そのルールの範囲内でビジネスをするのは全く問題ないわけです。ブログやyoutubeでしっかり稼いでいる方は、このルールを学んでいるからこそ、自信をもってコンテンツを作成していけるのです。

 

 

 誰かのアイデアに書作権はない

誰かのアイデアに対しては、著作権はありません。簡単に言いますと、著作権がはっきりと定められているものには(映画、音楽、アニメ、漫画、小説)などの創作物があります。その他の、人の言動、思想、考え方、意志、やり方などには著作権がありません。特許を申請している場合は、マネすることは出来ませんが、それ以外の場合は合法的に利用することができます。どこかの権威のある心理学者が言っていたことを、あなたや私が、他の人に話してもいいですし、それをビジネスにして販売しても構わないということです。

 

情報発信というビジネスが成り立つのは、この著作権にひっかからないから出来るのです。ノウハウや情報には著作権がないのです。(※ただし、コンテンツ自体には著作権がありますので、人が作ったものをそのまま利用することは違反です)自分の言葉を使って考えを改めてまとめ、コンテンツを作成するのであれば問題ないのです。

 

 ネット上の著作権の現状

現状

ちなみにアメリカでは、フェアユースという規定があり、公正なコンテンツの利用を許可されるケースも多くあります。youtubeやブログは、Google(アメリカ)が運営していますので、このあたりの価値観はアメリカ寄りだと言えます。例えば、NAVERまとめというサイトがありますが、このサイトはほとんどが引用でできているようなサイトですよね。でも、視聴者からの評価がとても高いため、かなり多くの記事が検索エンジンの上位に表示されます。これはGoogleがその価値を認めているということであり、著作権違反には触れていないと判断している証拠です。

 

meri-

また、最近ではキュレーションサイトと言われるメディアが増えてきました。例えば、Spotlight(スポットライト)やMERY(メリー)といったサイトです。内容は、話題になっている出来事や、ちょっとした感動話から、お役立ち情報などの、記事または動画をまとめたサイトです。こういったサイトも、Googleの評価が高いため、大手の会社がぞくぞくと参入しており、とても人気になっています。著作権の面から言えば、こちらも、引用の概念を使ってコンテンツを作成している見本と言えます。

 

 

まとめ

このように、実はこの著作権というものを学ぶことで、かなり多くのチャンスがあり、すでにそれを利用してビジネスを展開している人が多くいることが見えてきます。先ほど紹介した大手のサイトだけでなく、これは個人でももちろん同じことで、引用という概念をしっかり理解できれば、コンテンツは無限に作り出せることがわかっていただけるかと思います。

そして、もちろんyoutubeアフィリエイトをされるとなれば、この引用の概念を使って、あなたのオリジナルの動画を作成していくのです。著作権って何だか難しそうだし、厳しそうだといったイメージを少しでも和らげて、何だか私にもできそうと思ってもらえればと思います。

 

日本の法律は「法改正を重ねていかなければ時代に取り残されていってしまうような法の作り方をしている」と言われています。特に近年は、インターネットの出現により、新しいビジネスが多く誕生しているので、法律と現状との間に大きな差が生まれてしまっているパターンをよく目にします。

最近だと、民泊新法が制定されることが決定しましたが、あれはAirbnb(エアビーアンドビー)という民泊サイトが現在人気になっており、また、日本国内への外国人旅行客の増加などもあるため、それらを利用して国力を高めたいと考えた政府が、このサービスを後押しする形を取りました。これまでですと、数々の審査が必要だったり、規制があった宿泊業なのですが、個人でも手軽に利用できる法律に改正されることが決まったというわけです。(2017年中に制定される予定)

 

このように、ルールというのは常に変化していきます。ですのでまずは、現状のルールを学び、そのルールの中で出来ることを最大限利用してビジネスを構築して行く必要があります。

 

ご一緒に豊かさを広げて行きましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています。
当ブログを応援していただける方は
こちらのバナーをポチッワンクリックお願いします↓↓

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。