【Mac】iMovieの弱点(テロップ)を補強するピクセルメーターの使い方


岡本公式LINEアカウント
YouTubeで月20万円稼ぐための情報を配信中。

友だち追加

※ 登録できない場合は「@t.okamoto」で検索お願いします。

Macの動画編集ソフトiMovie(アイムービー)を使えば、

ある程度のクオリティの動画を簡単に作れます。

 

私も未だにこの無料ソフトを利用して、

youtubeにアップする動画を作成しています。

iMovieといえば、動画の中に、画像や動画を入れる、

ピクチャーインピクチャーという機能があります。

(Windowsのムービーメーカーでは出来ません)

 

しかし、実はこのアイムービーには弱点があります。

それがテロップ機能

 

ムービーメーカーでは、

テロップに好きな色の縁取りができますが、

iMovieでは黒色だけしかなく、

縁の太さを変えれません。

 

また、好きな位置にテロップを出せないのです。

デフォルトのテロップ機能がいくつかありますが、

動画を作成するにあたり、

特にYouTuber(ユーチューバー)として動画を作成するなら、

アイムービーのテロップでは、

いつか物足りなく感じてくるでしょう。

 

そこで、私が利用しているのが、

ピクセルメーターという有料ソフトです。

私は2015年の3月くらいに3,500円程度で

購入しました。

(現在の価格はApp Storeでご確認ください)

 

このソフトを購入したお陰で、

最初はサムネイル作成に利用していましたが、

動画内へのテロップや画像も、

今ではこのソフトを利用しています。

 

では、実際にどんな感じでこのソフトを使っているのか、

そして、テロップはどのような感じで作っているのかを

動画でご説明させていただきます。

 

今回作成した動画のサンプルも載せておきます。

いかがだったでしょうか。

写真編集ソフトとしては、フォトショップが有名ですが、

かなり高額です。(数万円します)

ですが、このPixelmator(ピクセルメーター)

を購入すれば、たったの3000円程度で、

ずっとサムネイルやテロップ作成に使えるのです。

 

私は今後も、このピクセルメーターを駆使して、

あらゆるテロップやサムネイルを作成していきます。

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

ご一緒に豊かさを広げていきましょう。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。