うまく行く人のマインドを学んで、収入を増やす方法(動画)

うまく行く人のマインドを学んで、

収入を増やす方法をお伝えします。

(動画あり)

 

自分のセルフイメージが、

自分自身を作り、自分の人生を作っていく…。

このような言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

自分が自分のことをどう思っているのか、

というのがとても大切で、

それは人間関係、仕事、そして恋愛、

ビジネスにおいてまで、

影響するんだそうです。

 

私は、なぜかかわらないけど

人間関係や仕事が上手くいかない。

そんな時期を長く過ごしていました。

 

一方、同じクラスや、同じ職場には、

明るく、今を楽しんでいる人が必ずいます。

でも、何で、あんな風に生きれるのかわからない。

そう思っていました。

 

が、2015年の3月に仕事を辞めて、

現在はネットビジネスで生計をたてており、

毎日楽しくビジネスをやりながら、

目標や夢に向かって、充実した日々を

過ごしています。

 

私が変えたのは、考え方 (マインド) だけです。

そこで今回ご紹介したいのが、

以下の魔法のことばです。

 

 

魔法の言葉

・失敗してもいい

・嫌われてもいい

・ダメな奴でいい

・ダサくてもいい

・笑われてもいい

・ミスしてもいい

・仲間はずれにされてもいい

・好き勝手やってもいい

 

 

これらの私の言葉に、違和感を感じる方は、

ぜひ動画を何度もご覧頂きたいです。

動画はこちらから↓

 

私は、ビジネスがどうすれば上手くいくだろう

といつも考えているんですが、

それと同時に、

失敗してもいいや、といつも思っていますし、

実際、日々失敗の連続なんです。

 

それが、うまくいく秘訣だとわかっているので、

むしろ成功しかしていない時には、

何かチャレンジしないとな〜と、

思えてくるくらいです。

 

ビジネスセミナーなどでも、

成功者と言われるような方は、よくこんな話をされます。

kid-1241817_960_720

 

成功者

「なんで◯◯さんは、そんなに何でも成功するんですか?」

とよく聞かれるんですが、うまくいったことだけやり続けているからです笑

失敗が10個あれば、ひとつくらいは当たりますよ。

1つの成功の裏には

10個の失敗がるのです。

 

仲間と楽しそうにしている人は

誰かと喧嘩したり、意見の食い違いがあったり

きまずい空気になったり、

嫌われたり… いろいろしているということなんです。

 

ではなぜ、これだけ失敗してもめげずに、

次へチャレンジできるのか。。。

 

それは、失敗してもいいと思っているからです。

失敗したら、そこから何が学べるだろうかと

考えているのです。

 

これが成功者のマインドです。

 

ぜんぜんスマートではないですよ。

そして、ぜんぜん、あなたと変わりないのです。

 

ですが、多くの方は

人によく思われたいという気持ちが

ほとんどなので、失敗できないのです。

 

私もそうだったんです。

失敗しない人が優秀なんだと考えていました。

しかし、失敗しないのが優秀なのは

単純作業に関しての話となります。

これはいずれ機械が担ってくれます。

失敗は人間より断然少ないのですから。

 

 

でも、

ビジネスでは、失敗するのは当たりまえ。

ということです。

 

このことが理解できるまで、

動画を何度も視聴してもらいたいと思います。

本当に、人に迷惑かけてもいいんです。

迷惑かけているぶん、

自分にできることにを真剣に、

そして誠実に、取り組んでいけばいいだけなのです。

 

嫌われるのは情けないです。

笑われるのは恥ずかしいです。

ミスするのは気まずいです。

迷惑かけるのは自分の弱さを痛感します。

 

だからこそ、感謝の気持ちが湧いてくるのです。

 

ぜひ、魔法のことばを胸に刻んで、

実際にたくさん失敗しましょう。

そして、惨めな気持ちになりましょう。

 

すると、そこから学べることの多いことに

驚くはずです。

 

 

ぜひこのマインドを持って、

ご一緒に豊かさを広げて行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。