PDCAサイクルを楽にする考え方

ビジネスで結果を出したいのなら、

PDCAサイクルを意識しましょう

と聞いたことがあるでしょうか。

これは、ビジネスに限らず

あらゆるプロジェクトを進めていく上では、

欠かせない考え方ですよね。

 

Pとは Plan(プラン)計画

Dとは Do(ドゥ)実践

Cとは Check(チェック)評価

Aとは Action(アクション)改善

 

これら4つを繰り返すことを

PDCAを回す、とか言ったりします。

 

これだけ聞くと、

そりゃそうだろうと誰もが思いますが、

実は、ここに大きな落とし穴があります。

 

人間には、恒常性(こうじょうせい)

と言われる本能が備わっています。

恒常性とは、変化を嫌う習性のことです。

 

大昔から人間は、生き延びることと、

子孫を残すことを目的に生きてきました。

その際の発想は、

いかに昨日と同じ今日を過ごすか

がテーマでした。

それも、とてつもなく長い間

そうやって過ごしてきたのです。

 

敵に殺されないために

食べ物を確保するために

生き延びることを大きなテーマとして、

現代まで子孫を繁栄し、

命を繋いできたのです。

 

この習性が今でも深く遺伝子に

刻まれている私たちというのは、

同じことを繰り返すことが 

心地い

と感じる脳を持っているのです。

(逆に変化を恐れます)

 

そこで先ほどのPDCAサイクル

の話になりますが、

自分のやったことを評価したり

それを改善したりすることは

なかなかできないのが人間だ

とういうことを知っておいてもらいたいです。

 

恒常性は、

英語で ホメオスタシス

とも呼ばれています。

 

へーそうなんだー

人間にはこんな習性が

あるんだー と知っておくことで、

例えば自分の作業が

ルーティーンになってしまって、

伸び悩んでいた時に、

 

あぁ、今ホメオスタシスの力が

働いちゃって、壁に当たってるな。

評価したり改善したりする

というのが止まってるな。

 

という具合に、

自分を責めることなく

客観視できるようになります。

 

結果が出ないのは、

あなたががんばっていないから

ではありません。

 

そのサービスを受け取る

お客さんにとって今はまだ

有益になっていないから

というのがほとんどです。

 

教材やセミナーで

PDCAを意識しましょうと言われた時に、

PDCAは人間の本能的には難しいものだ

という認識を持っておくと、

よりPDCAを使えるようになると

私は考えています。

 

ぜひホメオスタシスという言葉を

検索してみてください。

いろいろ説明や記事が出てきますよ。

 

ご一緒に豊かさを広げていきましょう。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

okamototakaaki

日本初のYouTuberコンサルタント岡本です。私はユーチューブからの収益で生活しています。自分でも稼ぎながら、ユーチューバーさんのコンサルティングもしているのです。YouTubeを使って月10万円稼ぐ方法を、全くの初心者さんでも出来るようにゼロから教えています。まずはメルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってください。ご一緒に豊かさを広げていきましょう。